ほぼ日替わりレトルトカレー

【パッケージ】

 

【中身】

 

【カレー情報】

■大阪府

■178円(購入価格)

 

【食べてみた】

『温めずにおいしい!』『期間限定』に魅かれ購入。

夏のカレーなので、8月31日に食してみる。

大人になった今でも8月31日が切ないのはなぜ?

・・・そんな感情は置いといて、カレーである。

温めなくてよいので、ラクチンである。

 

赤みの強いキーマカレー。

トマトの香りが強めなのでミートソースのようだ。

温めないので、スゴクもったりとしているのかと思ったらそうでもなかった。

常温なので猫舌の方でもOKだと思う。

 

早速一口。

玉ねぎと鶏ひき肉がタップリ!

カレーはスパイシーで、カルダモンの香りが食欲をそそる。

 

食べながらパッケージを見ていてある言葉が気になった。

『粒状植物性たん白』

何となく言葉から推測できるけど、一応調べてみた。

これは、大豆や小麦からタンパク質を抽出したものらしい。それを粒状にしたもの。

ということは、やっぱり“ひき肉”の代わりか!?

といいつつ、原材料を見ると鶏肉の方が多く使われている。

まじまじとカレーを見ても見分けがつかない。

色々な食材があるのだな、と思いつつ完食。

 

温めなくても食べられるレトルトカレーは保存食としても優秀ですね。

 

 

カレー七福神主宰の松尾貴史が選んだレトルトカレー7種類はコチラです!
http://curry7.com/about/